日々の雑記帳

教育・試験・PC・鉄道など

統計の勉強の進捗状況

Amazonの記録によると『よくわかる心理統計』を購入したのが3/29なので、4月冒頭あたりからこの本を読み始めたことになる。

4/24現在で残すところ10〜20ページというところまできた。

で、GWもあることだし、次の本として
『心理統計学の基礎』とそれに対応したワークブックを購入。
実はもうこちらもスタートし始めている。

統計学の勉強を始めてわかったことは、統計学って国語力と数学力の両方が高いレベルで求められるということ。。

よくわかる心理統計 については、できるだけ数式を使わない方針のため、言葉による説明が中心。どういう意味があるのか、ということを初学者に丁寧に語りかけてくれるので、素晴らしいとしかいいようがない。
しかし、それを理解してついていくには国語力の筋肉を一生懸命動かす必要がある感じ。

一方、心理統計学の基礎については、数式も使用しながら理論的基礎をしっかり抑えていく本のよう。
もちろん初学者向けとして名評判の本なのでわかりやすさは素晴らしいのだけど、それでも数学的な筋肉をしっかり動かす感じ。

ということで、勉強法としては、
よくわかる心理統計→Evernoteに日本語要約していく
心理統計学の基礎→テキストにラインマーカーを引き、あとでアナログノートに数式や意味を整理
というように使い分けていく。

心理統計学の基礎についても、言語による理解の部分はEvernote使うと思うけど。