英語論文を読むことの大変さ

社会人を経て脱サラして大学院に入った経験をもとにブログを書いています。

今日は、英語論文を読むことの大変さについて。
「英語論文 読み方」などで検索すると、多くの方が英語論文を読むことに苦労していること、その攻略方法を求めておられることがわかります。
社会人経験を経て大学院に入った人は、業務で英語を使用していた人はそれほど苦労なく読めるのかもしれませんが、私の場合は業務で英語を使う機会はほとんどありませんでしたので、いまとても苦労していることのひとつです。

もちろん、研究者(になるためにトレーニングしている人)としてのステージが上がっていくにつれて、英語論文を読むことのハードルはどんどん下がっていくようです。
私はいまどのあたりにいるかというと、「自分のテーマに関する英語論文なら、1ページ1時間」という程度の速さです。

攻略方法についてはいろんなページで既に言及されているのでそちらにおまかせするとして、
なぜ英語論文を読むことが大変か、学食で昼メシを食べたあと研究室に戻るあいだ、考えてみました。

単に「英語の文章を読むこと」というハードルを除いたとしても、研究者を目指す院生にとって英語論文を読むこと特有の困難があります。

それは、(国際的な視野で)研究テーマが焦点化されていないから、ということです。

日本語で書籍や論文を読むことで、研究テーマというのはある程度焦点化されていきます。
研究テーマの焦点化というのは、先行研究では何が明らかになっていて、何がまだ明らかになっていないのかを調べて、まだ明らかになっていないことのうち取り組む価値があってなおかつ自分の研究環境で実現可能な部分はなにか、を明文化していく作業のことです。
修士論文でいうと第1章にあたる部分、ということでしょうか(修士論文の構成をよくわかっていませんが)。

で、この焦点化していく作業にあたって、私の場合は、まず日本語でその領域に関係しそうな文献を読んでいきました。
で、ある程度焦点化できたところで、「そろそろ海外の文献も・・・」ということで、いま海外の文献に取り掛かっているわけですが、
日本ではまだ明らかになっていないことであっても、海外では結構前から議論されてきたことだったりします。
今回の私の場合がまさにそうで、海外の文献を調べ始めた途端、焦点化できていたと思っていたテーマが一気に大海原に投げ出されたような感覚です。

そういうときは、潔く国際的にはいまどのあたりまでが明らかになっているのかを調べなおさないといけません。

文献を読むことの何が大変って、その領域の全体像を掴むために、最初のうちはかなり時間をかける必要があるということです。
慣れてきたら、アブストラクトとイントロダクションと結論だけ読んで、よほど自分のテーマに関係しそうならば中身を読み込む、
ということが可能なのでしょうが、それはあくまでテーマが焦点化できているからであって、最初からそういうことができるわけではありません。


・・・というわけで、今かなり自分の研究テーマに揺さぶりが起きていて、そんな中、教授陣の前で修士研究の構想を発表するプレゼンが近づいてきているため、なんとも落ち着かない時間を過ごしています。

本来であれば、出願時の研究計画書で最初に研究テーマを絞る段階で、国外の文献も一定の水準でリサーチしておく必要があるのは言うまでもありませんが、私の場合は国外文献も少しは調べた、という程度で、合格通知を受け取ってからはもっぱら国内の論文ばかり読んでいたので、まあいずれは来る関門だったということでしょうか。

最初に研究テーマを絞るときに、国内も国外も同時並行で読み進めていくのが一番よいのだと思います。

大学院入学式の記念写真は必要か

こんにちは。社会人経験を経て、脱サラして大学院に入ったものです。

今日は大学院の入学式でした。
雨にも関わらず、「平成三十年〇〇大学大学院入学式」という立て看板の前には記念写真を撮影するための行列が。
というか、会場側(大学側?)が、わざわざ警備員の誘導までつけて、写真撮影用の列を意図的に作ってるし。

この記念写真ってどうなんでしょうか。
式典って、要するにセレモニーであって、身体性の場だというのが私の基本的考えなので、写真というメディアに残すことに少し違和感がありました。

そんな中父親からメールが。

「晴れての〇〇大、おめでとう。
今到着しましたが、クルマか家にスマホを忘れてきました。
写真が撮れないので、たくさん撮っておいてください。
紙焼きして、親族に見せたり、私の墓に供えてもらいますから。永遠の証拠が必要です」


う~ん。。

まず、この年齢になって入学式に親が来るというのは私として恥ずかしいので来てほしくないというのが私の想いなのですが、
とはいえそれは(アドラー的に言えば)私の側の課題であって、父親が来たいと思うのなら、それを拒むことはしたくないと思って、会場や時間は情報共有しておいたのです。

で、雨の中来てくれたことはありがたいと思いましたが、
永遠の証拠が必要だから写真を撮っておいてほしい、というのはどうなんでしょうか。
価値観の違いといえばそれまでですし、父親も兄ももっと言えば私も、この大学には不合格をもらい続けていて、全員現役と浪人合わせて6回学部の不合格をもらっていて、今回、「大学院の方」に入ることができたので、父親としてはそれこそ人生を報いるような出来事なのでしょう。

そのことを差し引いてもなお、入学したことの証明として入学式の写真が必要ということに違和感を感じました。

というのも、学部ならまだしも、大学院においては特に、「入学したこと」にはたいした価値はなく、「その環境を生かして、立派な研究者もしくは知的人材になり、人類社会に貢献すること」に価値があるからです。

むしろ、入学したことを永遠に証拠として大事にしなければいけない人って、途中で挫折した人とか、なんとか修士論文は提出できたものの博士に進学しても見込みがないから上にあげてもらえなかった人とか、そういう人だと思います。


私はそのことに思い当たって、今日は写真は撮らず、論文や書籍を世に出せたときや、せめて学位授与式のときに写真をとって親族に報告しようと思いました。

このあたりのことをどれだけ父親に説明しても、理解をしてもらえることはありませんし、父親に限らず、世代が上になればなるほど、この認識のズレがあるように思います。

いま社会人で、大学院に行くことを検討されている方は、是非とも、入学することが目的ではなく、その後の活躍を目的としていただきたいと思います。

効果的な大学院入試対策(文系)とは?

※このブログは今まで五月雨式に書いていましたが、主に社会人の方が大学院を受験する際に参考になる情報を提供することをコンセプトにしようと思いはじめました。
※気が向いたときに更新していきます。とはいえ、受験したときのことを忘れないうちに。。

こんにちは。社会人経験を経て脱サラして大学院に入学したものです。

このページが知らない誰かに見ていただける日が来るのかはわかりませんが、そのことを想定して文章を書いていきます。

大学院進学において、ネット上で情報を探されて、このページにたどり着いたということは
1. いま大学生で他大学の大学院を受験しようとしている
2. いま大学生で、学部での専門と異なる分野の大学院を受験しようとしている
3. いま社会人等で、大学院を受験しようとしている

のどれかだと考えられます。
内部の学部生が、上の大学院に進む場合にはネットで情報を探さなくとも、指導者や先輩など頼れる存在があり、リアルな情報も多数あるはずだからです。

よって、この記事では上記の1〜3を対象としています。
上記1〜3をまとめて外部受験と呼ぶことにします。

私も、大学院受験ブログなどは結構参考にさせてもらいました。
受験しようとしている大学院の受験体験談が多く、難易度や心構えなど、戦略的に参考になったり、勇気づけになったり焦りになったりすることでモチベーション向上にも役立ちました。

が、具体的な対策方法について、本当に知りたいこと(=外部受験者が、得たくてもなかなか得られない本質的な知識)については、残念ながらネット上には見当たりませんでした。
もちろん、断片的にはあるのですが、外部受験者にとってはなかなかそれらを構造的に整理することが難しく、戦略にも影響してきます。

そこで、できるだけ体系的に記事を書くことを心がけました。


大学院合格・入学までの大きなロードマップとしては、
1. 大学院に行きたいと思うトリガーとなる出来事に遭遇する
2. 行きたい大学院について調べる
3. 学修・研究したい分野について調べる
4. 行きたい研究室の候補をあげる
5. 行きたい研究室を訪問する
6. 大学院入試の過去問を手に入れる
7. 実現可能性の検討を行う
8. 専門試験の対策をする
9. 外国語の対策をする
10. 研究計画書を作成する
11. 出願手続きを行う
12. 一次試験(専門や外国語)
13. 二次試験(研究計画についての面接)
14. 合格発表、入学手続き等

というのが、一般的なプロセスだと思います。
もちろん、複数の項目が1つになる場合や、行ったり来たりする場合も多いと思いますが、まず全体像を掴むという意味では、上記が骨格といえます。

以下、それぞれについて、具体的な内容と注意点や、私の場合の具体的なども挟みながら説明を加えていきます。

今回の記事では、1~9までを説明していきます。


1. 大学院に行きたいと思うトリガーとなる出来事に遭遇する

大学院に行く、ましてや他大学や専攻分野変更、キャリアルートチェンジなどを伴う進学と
いうのは、自然と起こってくる選択ではありませんから、何かトリガーとなる出来事があったはずです。
わざわざ書いたのは、何がトリガーだったのか、そのことは自分の人生にとってどんな意味があるのか、について深く認識を持っておくことは、のちのちのプロセスの中でとても重要になるからです。

私の場合は、
トリガー1 国立大学の学歴が欲しい
でした。
これは、個人の欲望やコンプレックスから来るものですので、あまり役に立たないトリガーです。心にしまっておきましょう。

次に遭遇したのは
トリガー2 大学生1〜2回生のとき映像制作にがっつり関わる中で、「情報が人に与える影響」に興味を持ったことです。

そこへ、
トリガー3 情報系の学問分野は、文系と理系の融合であるらしいことを知った
などが混じって、情報系の勉強をしたいと思うようになり、新書から学術書まで、情報やメディア、コミュニケーションと関係ありそうな本を片っ端から読んでいきました。多分、当時の自分の能力で読めるものは大概目を通したんじゃないか、というくらいのめり込みました。

その後、情報の概念を教育に応用する分野に興味を持つトリガーに出会い、教育工学という分野を学びたいと思うようになりました。
そのほかにもいろいろな経緯があるのですが、これ以上書くと記事の趣旨から外れてきますのでこの辺にします。

こんな感じで、誰しも、学びたい、研究したい、という気持ちのトリガーがあるはずです。

なぜそのトリガーを自分で認識することが重要なのでしょうか。
それは、このあとのプロセスで出てくる、研究分野や研究室の選択、そして研究テーマの選択にあたって、様々な情報を調べて行くうちに、情報過多になった際、自分の人生に意味のある選択をするための道しるべになるからです。

研究というのは、特に文系の研究というのは、その研究者の生きてきた経験や人間性が細部に滲み出るものです。なぜ自分がこの研究をするのか、というのを大げさでなくとも、人にさりげなく語れるくらいになっておくことは、質の高い研究をしていくにあたっても役立つことのような気がします。

また、もう一つ別の観点からいえば、7.の実現可能性の検討の際に、大学院進学の動機を明確にしておくことが重要になってきます。
7.で詳しく記述しますが、大学院進学にはコストやリスクが伴います。周囲の支援や理解も重要です。何より行き詰まったとき、輝いている同世代を見て「何で俺こんなことやってんだっけ……」となることが多いらしいですが、この1.を明確にしておくことで、自分をせめる自分から、自分の心と人生を守れるのではないでしょうか。


2. 行きたい大学院について調べる

大学院を見るときには、以下の3つの観点を持って見るとよいでしょう。
・私立か国立か
・独立系大学院か、下に学部がある大学院か
・確立された学問分野をもつ大学院か、学際的な大学院か



3. 学修・研究したい分野について調べる

教科書を手に入れて読みましょう。新しい学際領域では、教科書がない分野というのもありますが、それにかわる体系的な文献というのは必ずあるはずなのでそれを読みましょう。
教育工学の場合には、教育工学選書というありがたい本が出ていました。また、学びの認知科学という辞典風の書籍も全体像を掴むには非常に役立ちました。

それから、論文誌を必ず読みましょう。これを言ってくれる人が少ないですが、私はむしろこれが最も重要だと思いました。


4. 行きたい研究室の候補をあげる

研究室を見るときには、以下の観点を持つと良いでしょう。

修士修了生の企業等就職状況
・博士修了生の研究ポスト就職状況
・指導教官の指導教官が誰だったか


5. 行きたい研究室を訪問する

アポを取っていきましょう。
レジュメを作成していきましょう。
レジュメに記載するとよい項目は以下の通りです。

6. 大学院入試の過去問を手に入れる

コピーします。

7. 実現可能性の検討を行う

費用面、大丈夫でしょうか。
修了後のキャリアビジョンは、大丈夫でしょうか。
必ずしも、確定していることだけがキャリアビジョンではありません。いろんな出会いもあると思います。確率的にどんな具合か、人に説明できるくらいでOKと私は思います。博士修了すれば研究者に必ずなれるとかそういうものではないようです。


8. 専門試験の対策をする

教科書を読みましょう。
経験者に聞くのが多分一番いいです。
経験者に聞けなかった場合は、過去問から推測して、教科書を読みましょう。


9. 外国語の対策をする
実はこれが大事です。
なぜなら時間がかかるからです。
1.の時点で英語の勉強をスタートしておけばよかったと思うくらい、大事です。

TOEICTOEFL、独自試験、それらの中でも様々ですが、どんな対策が必要かを考えるために、下記の観点を持ちましょう。

・リーディングはどんな能力が必要か
・リスニングはどんな能力が必要か
・スピーキングはどんな能力が必要か
・ライティングはどんな能力が必要か

リーディングの中にも、TOEICのように速読力重視もあれば、TOEFLや全訳系の独自試験のように硬派な英語を読解する力など、方向が分かれます。
TOEFLiBTが必要なら、スピーキングやライティングがマストになりますので、スコアアップには1年単位の時間がかかるでしょう。


かなりおおざっぱに説明した部分もありますが、いかがでしょうか?
今度の記事では、10.~14.について説明していこうと思っています。

はてなブログのデザインをスタイリッシュにするにはどうしたらいいのか?

こんにちは。
ブログを書いたりやめたりを繰り返している五月雨ブロガーです。

ところで、ほかの人のブログを見ると随分スタイリッシュにできています。
例えばこんな感じ。

globalbiz.hatenablog.com

なぜ私がこれをスタイリッシュに感じるのか?というと、

  • 画面よこいっぱいを使っているように見える
  • トップ(一番上)のブログタイトルが背景含めごちゃごちゃしていない。
  • 「HOME」や「CONTACT」の横にさりげないアイコン
  • 見出しのデザインがシンプルに統一されている(縦長長方形と下線)
  • B!マークやfマークやgマークもなんだか丸いアイコンでおしゃれ

それに引き換え、私のブログのデザインはこの記事執筆現時点(17/8/26)でかなりダサいです。

なんとかしたい!でもどうやったらいいかわからない!ということで、今度調べてみることにします。

わかったこと その1 見出しのデザインは既にそこそこスタイリッシュなものになっている

調べてみるとよくある話ですね。
見出しにしたいと思ったら、「中見出し」を選択するか、アスタリスクを2つ前につけるとよいようです。

わかったこと その2 私のPC環境では重すぎてデザイン設定がしづらい

デザインの設定をするには、はてなblogにログインした上で

自分のブログを開く → 右上の自分のユーザー名をクリック → デザイン設定

と開くことでデザイン設定画面に行き着きます。


しかし、このデザイン設定画面、いちいち動作がめちゃくちゃ重い。

読み込みに毎回10秒以上かかるので、ヘッダーの背景画像を削除するだけですごく時間がかかってしまいました。

この調子でほかにいろいろいじるのはストレスフルなので今日はここまで。

それよりも、PCの動作を少しでも早くできるようにすることを解決する方が優先ですね。


(追記)Windows10を再起動してみたら、かなり早くなりました!
もう1つのWindowsアカウントをログイン状態にしたままだったのも大きいかも。
しかし、はてなブログの編集画面については、少しは早くなったものの、まだカクツキがあります。
他の人はどのように感じているのか聞いてみたいです。

PCで数式を表現したいと思ったときに調べたことまとめ

今年になって、統計学の学習をしたり、理科の授業をする機会が一気に増えたりして、PCやiPhone上で数式を表現し、プリントアウトしたりパワポで見せたりする必要が出てきたので、重い腰を上げてPCで数式を表現する方法を調べてみた。

目標としては、
・Σ や ∮ を扱えるようになる
・添え字を扱えるようになる
平方根を扱えるようになる
・できれば二重分数や二重平方根も扱えると嬉しい
・学習用デジタルノートとして、クラウドで管理できるとなおよし
・winだけでなくmacにも対応した方法がほしい

といった感じ。

まず最初に検索して出てきたのは・・・
27.1 LaTeX についての概説 | HWB

LaTeXという、かなりレベルの高そうなソフトウェア。
東大の研究室?のHPに掲載されているということもあり、学術的な利用の香りがすごいする。
インストールとかが大変そうなので、いったんパス。
本格的なものがほしくなったらこれかなぁ。無料。


次に検索して出てきたのは・・・
nasimeya.blog.fc2.com
Wordで数式を入力する方法か。
さっそくWordを立ち上げてやってみる。
ふむふむ。Macで学習するときとか、Winで授業用プリント使うときにはじゅうぶん使えそう。

http://www.tcp-ip.or.jp/~aisuu/joho/pc/P2014-02.pdf

こんな愛知県の高校の数学先生方の研究会の文書も出てきた。

とりあえずWordで練習してみて、さらに本格的なことやりたくなれば、LaTeXに挑戦という感じかな。

Word for mac ですぐに数式を入力するバーを表示するためのショートカットは、

 「 Control 」+ 「 = 」 
でOK!

大学に行く意味

review-of-my-life.blogspot.jp

こんな記事を見つけて、刺激を受けたので自分も書きたくなった。

(ちなみにこのDAIさんのブログ、幅広いデータを用いながらご自身の経験を裏付けるような記事を展開されていて、素晴らしいです。自分にはここまでのクオリティは無理かも……)


大学に行く意味として、

  • メリット1 生涯年収が上がる
  • メリット2 自己実現の選択肢を見つけることができる

ということをDAIさんは書いている。
メリット1に関しては経済資本的な側面
メリット2に関しては人生の満足度や幸福感の側面
であり、現代資本主義社会においてこの2つは両輪といえるため、説得力がある。

そして、メリット2の自己実現の選択肢を増やすためのポイントとして、下記の3点が列挙されている。

1. 学習環境
2. 人間関係
3. 自由に使える時間

この中で1の学習環境について補足的に述べたいことがあり、記事を書きたくなった。

大学の学習環境の本質は「プロセス」にある?

大学の学習環境を、
「コンテンツ」と「義務的学習空間」というようにDAIさんは分解しているが、
前者はさらに2つに分解して捉えることが可能であり、後者は学習論の体系と結びつけることが可能だ。

大学で学習するコンテンツとは、
例えば「外発的動機付け」といったような教科書に掲載されている概念だけを指すのではなく、
そういった概念を知るための「プロセス」を学ぶことも、大学で学ぶコンテンツだと言える。

つまり、大学で学習するコンテンツは、
「狭義のコンテンツ」と「プロセス」に分解することができるというように考えられる。

そして、DAIさんが主張されているのは、「狭義のコンテンツ」は、大学に行かなくともオンラインで大部分が賄えるのが21世紀だということだが、
この記事で補足したいのは、「狭義のコンテンツ」を習得するプロセスについて学ぶためには、大学という学習環境に身を置くことが最も効率的であるということ。

例えば、ある物事について知りたくなったときに、どのような検索キーワードで検索するのがよいのか。

専門性の低い事柄であれば、Googleで検索すれば様々な情報が出てくるが、
少し専門性の高い事柄であれば、Googleにどんな検索キーワードを入力し、どのサイトどのように見て行くと次のキーワードにたどり着くことができ、Amazonで書籍を注文したりCiniiで論文を検索したりする必要があるかといったことの判断が必要になる。

そういった判断を行うためのトレーニングの場が、実は大学の学習環境である。

大学はなぜそのようなトレーニングに最適なのだろうか。

その答えは、DAIさんの分解の2つめ「義務的学習空間」にあるといえる。
しかしそれは、単位取得が必須だから、といったことはあくまで背景にしかすぎず、本質は、旧ソ連の心理学者ヴィコツキー以降様々な角度から議論されてきている「社会的構成主義」や「共同体と学習の関係論」にある。

知識や概念習得のプロセスについて、
教授が指導してくれることもあれば、
先輩や友人との対話の中で得られることもある。

そしてそこには、実践的共同体ならではの武器、「やって当たり前 という雰囲気」が存在する。

勉強が好きであろうと好きでなかろうと、単位取得義務を背景として、勉強はやって当たり前という雰囲気が大学の中にある。

そして、そのような雰囲気が強い大学ほどよい大学であるという1つの指標になりうるし、現在のところ、大学入学試験の偏差値との相関は高い。
しかし、偏差値は低いが、よい学習の雰囲気が流れるように様々な取り組みを行い、成果を出している大学も目立ち始めているのが現在の状況だといえる。


以上、まとめると、
コンテンツは、コンテンツ(狭義)とプロセスに分解することができ、
義務的学習空間は、学習実践共同体の議論に帰着する。


さらに重要なこととして、ここでいうコンテンツ(狭義)には、アカデミックな教科書に掲載されている事柄だけではなく、人生を豊かにするための様々な知識・知恵を含む。
例えば、一般常識やマナー、キャリアに関することもここに含まれる。

大学という共同体に身を置くことのメリットは、けして教科書に掲載されているような概念を習得するのみならず、知というのはどのようにして獲得していくことができるのか、というプロセスを獲得することにある。

実は奥が深い相関係数

統計検定準1級に向けて先日から読み始めた、南風原朝和『心理統計学の基礎』の学習メモ。

www.amazon.co.jp

先日まで読んでいた山田剛史『よくわかる心理統計学』では
統計学の基本ツールだけど残念ながら扱いきれていないという「回帰分析」についてまず補うために、
本書は第3章から読み始めた。

第3章は、量的変数間の関係の指標である「相関係数」と「回帰係数」について扱われている。
相関係数については復習で読み飛ばしたらええと思っていたら、実は相関係数についても知らない関連事項が次々出てきて、
奥が深いことを思い知らされたという話。。

測定の信頼性が低いと相関係数も低くなる!

そもそも測定に妥当性・信頼性という指標があることを知らなかったわけだけど、考えてみれば当たり前の話か。

妥当性というのは、その測定がどれくらい妥当なもんなんや?ということを示す指標。

信頼性というのは、その測定がどれくらい一貫性のあるもんなんや?ということを示す指標。

そして、妥当性の下位概念として信頼性がある。


で、2変数の相関係数を求めるとき、それぞれの変数測定の妥当性・信頼性がへぼいと、相関係数にも影響が出てしまうらしい。

妥当性がへぼいと、相関係数は真値よりも大きくなったり小さくなったりする

信頼性がへぼいと、相関係数は、真値よりも2変数の信頼性の積の平方根をかけたもの(1以下)になってしまう。。


肝心の、信頼性の値というのはどうやって出すかというと、

同じ尺度を用いて2回データを取ってみて、それの相関係数をとってみたら、それが信頼性の値として使える。

だいたいどれくらいの値があればOKと一般的にされているのかなぁ。


測定がいい加減だとどうなるのかなぁ……という疑問はあったものの、こんな風に数的に表現可能だとは知らなんだ。